The Difference Engine log
卯月鮎による、ゲームや本の紹介と仕事の話などです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ブエノスアイレス食堂』【ひと言読書メモ】
 『ブエノスアイレス食堂』は3つの要素から成り立っている。

 ひとつは絶品料理の数々。ひとつは猟奇的なカニバリズム。そして、軍事政権下のアルゼンチンの歴史。

 この3つが混ざり合うことで、新しい感覚の小説になっている。

 食べる人、食べられる人。作る人、呑まれる人。

 将来、日本は没落し、かつてのアルゼンチンのようになるとも言われている。アルゼンチン・ノワール、他人事とは思えない。

ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス)
カルロス バルマセーダ 柳原 孝敦
4560090181


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。