The Difference Engine log
卯月鮎による、ゲームや本の紹介と仕事の話などです。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
『ブエノスアイレス食堂』【ひと言読書メモ】
 『ブエノスアイレス食堂』は3つの要素から成り立っている。

 ひとつは絶品料理の数々。ひとつは猟奇的なカニバリズム。そして、軍事政権下のアルゼンチンの歴史。

 この3つが混ざり合うことで、新しい感覚の小説になっている。

 食べる人、食べられる人。作る人、呑まれる人。

 将来、日本は没落し、かつてのアルゼンチンのようになるとも言われている。アルゼンチン・ノワール、他人事とは思えない。

ブエノスアイレス食堂 (エクス・リブリス)
カルロス バルマセーダ 柳原 孝敦
4560090181


スポンサーサイト
「週刊SPA!」にゲームコラムと書評が掲載されました
 遅ればせながら、今店頭に並んでいる「週刊SPA!」に、年末商戦を占うゲームコラムと『職業は武装解除』の書評が掲載されています。

 ちなみにPS Vitaはなんだかんだで予約に失敗。発売日に並ぶ覚悟ですが……。
『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』【ひと言読書メモ】
 今回、「ダ・ヴィンチ」で紹介した『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』について、もう少し付け足し。

 内容としては、9.11の同時多発テロで父を失った少年が、父が遺した封筒に書かれた「ブラック」という名前だけを手がかりにニューヨークを駆け回るという話。

 サリンジャー作品へのオマージュと取れる部分も多く、たとえば主人公が早熟で舞台がニューヨークというあたりは、『ライ麦畑でつかまえて』を連想させる。

 また、オスカー少年が学校の劇で『ハムレット』の「ヨリックの髑髏」を演じたのは、『フラニーとゾーイー』だろう。
(“ブラック”というのも、グラース家の長兄シーモアがクイズ番組で名乗っていた「ビリー・ブラック」から来ているのかもしれない)

 突然生じた空白……というテーマも、グラース・サーガと『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』をつなげる。

 サリンジャーとともに読んでみてはどうだろうか。

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い
ジョナサン・サフラン・フォア 近藤 隆文
4140056037


フラニーとゾーイー (新潮文庫)
サリンジャー 野崎 孝
4102057021


「ダ・ヴィンチ」2011年11月号が発売されました
 「七人のブックウォッチャー」コーナーで連載中の「ダ・ヴィンチ」最新号が発売されています。

 今回は
ジョナサン・サフラン・フォア『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
遠藤秀紀『東大夢教授』

の2冊を紹介しています。

ダ・ヴィンチ 2011年 11月号 [雑誌]
B005ORH098


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。