The Difference Engine log
卯月鮎による、ゲームや本の紹介と仕事の話などです。
ボクも世界を救いたい
久しぶりの更新です。
最近ハマっているゲームはWiiウェアの『ボクも世界を救いたい』。『王だぁ!』のポイソフトの新作です。
勇者を育てる「シナリオモード」と、育て上げた勇者を登録し、勝手に行動する様を見守る「シミュレーションモード」の二本立て。

シンプルながら、物語を想像して楽しめます。

ボクも世界を救いたい
王だぁ!(4)
 『王だぁ!』の世界には、“勇者”もいる。彼らは世界をウロウロして、各国のもめ事を解決したり、遺跡やダンジョンに潜ったりして、日々己を鍛えている(盗みばっかり働いているやつもいるが……)。

 自分の軍で魔王を倒すのもいいが、子飼いの勇者に魔王を倒させるのもRPGらしくてまたよし。勇者を城に呼んで、ダンジョン調査などを頼み、レベルを上げさせる。報酬として強い武器を渡せば、攻撃力も上がる。ちょっと手間はかかるが、勇者が活躍しているのを見るのは楽しい。

 遊び方は工夫次第でいろいろ。思わず深みにハマってしまうゲームだ。

公式サイトへ
公式サイトより
王だぁ!(3)
 国作りに熱心な王様はいいとして、「細かいことはめんどくさい」というズボラな王様なら、能力が高い部下に仕事を任せてしまえば、何もしなくても国は回る。ここも気楽。王様は晩餐会を開いたり、勇者をとっつかまえたり、下々のお祭りを禁止したり……好き勝手してもいいのだ。そして、このゲームの奥の深さにつながっているのが、勇者の間接的な育成。詳しくは明日。

王だぁ!(2)
 ゲームの流れを説明すると、まずは国別マップ内からエルフの国、ドワーフの国など1国を選んで王様に就任する。長宗我部派の人は端っこの小さな国をどうぞ。その後、内政で国の農業や商業のパラメータを上げたり、カジノや魔術研究所といった施設を建てたり、諜報で他国に破壊工作を仕掛けたり……と、この辺りは、いわゆる国盗りシミュレーションと同じ。

 だが、実際の戦闘がなく、派兵すると兵士がオートで決着をつけてくれるのが、気軽でいい。凝った部分と割り切っている部分のバランスの良さが本作のポイントだろう。
王だぁ! (1)
 ケータイアプリで展開されていた『FFIV』の続編も移植され、ラインナップに厚みが出てきたWiiウェア。中でも『王だぁ!』は気に入って、いまだによく遊んでいる。「オーダー」とかかった脱力のダジャレだが、何かを注文するゲームというよりは、簡単にたとえると、ファンタジー版『信長の野望』といった内容。

 どれかひとつの国を選び、勢力を拡大して、魔王をやっつけるとクリア。どこか懐かしいが、勇者を支援する部分に可能性も感じさせる。

 何にせよ、1000円なのにこれだけ遊べるというのが素晴らしい。

公式サイトより
公式サイトより